本プログラムは、
鉄道構造物等設計標準・同解説-耐震設計―平成24年1月
に準拠した、地盤変位量を算定するプログラムです。

地盤変位量の算定をクラウドコンピューターで行うことにより、解析ソフトをインストールすることなく解析できます。指定の形式サーバーに入力データを送信すれば解析結果が得られます。以下にサンプルプログラムを用意していますので、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしてお使いください。

マーク プログラム言語 プログラム名 サンプルプログラムダウンロードURL
Excel SoilDispforExcel https://github.com/structuralengine/SoilDispforExcel

地盤変位量

地盤変位量とは下図の変位量で


鉄道構造物等設計標準・同解説-耐震設計―平成24年1月
に掲載しています。

Resource URL

http://structuralengine.com/SoilStructure/api/values

Content-Type application/x-www-form-urlencoded
Service-Type “disp”

入力データ

{
    "username": ユーザー名,
    "password": パスワード,
    "D1": 地域別係数,
    "SK": 標準設計震度,
    "SpType": スペクトルタイプ,
    "datas": [
        {
            "HD": 層厚,
            "RS": 単位体積重量,
            "Vs": せん断波速度
        },
        {
            "HD": 層厚
        }
        ・
        ・
        ・
    ]
}

SpType – スペクトルタイプ

  • L1地震動
  • L2地震動 スペクトルⅠ
  • L2地震動 スペクトルⅡ

datas – 土層データ

土層データ は、以下のパラメータを地表面から深さ方向に入力します。

HD – 層厚 以外のパラメータは前の値と同じ場合は省略できます。

  • HD – 層厚(m)
  • RS – 単位体積重量(kN/m3)
  • Vs – せん断波速度(m/s)

計算結果データ

{
    "username": ユーザー名,
    "iSMAX": データ数,
    "old_points": ユーザーが解析前に保有していたポイント,
    "deduct_points": 解析に掛かったポイント,
    "new_points": ユーザーの解析後のポイント,
    "AH": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "FI": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "PH": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "SP": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "TI": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "WI": [
        1次,
        2次,
        3次,
        4次
    ],
    "XL": [
        [ 1次 ],
        [ 2次 ],
        [ 3次 ],
        [ 4次 ]
    ]
}
  • username – ユーザー名
  • iSMAX – 地層数
  • old_points – ユーザーが解析前に保有していたポイント
  • deduct_points – 解析に掛かったポイント
  • new_points – ユーザーの解析後のポイント

地盤変位は1次~4次モードの結果が得られます。

  • AH – 設計地盤面の地盤変位(cm)
  • FI – 振動数: F(Hz)
  • PH – 刺激 係数:∮
  • SP – 応答スペクトル:Sv(cm/sec)
  • TI – 固有周期:T(sec)
  • WI – 円振動数: ω(rad/sec)
  • XL – 設計地盤面以深 K番目の地盤変位(cm)

XL – K番目の地盤変位

    "XL": [
        [
            13.692345122015443,
            13.169014368009288,
            12.311562197153387,
            ・
            ・
            ・
        ],
        [
            5.892838800700619,
            4.783858375492994,
            3.0874975275874377,
            ・
            ・
            ・
        ],
        [
            2.6810486305326147,
            0.875170037731073,
            -1.2923158009068496,
            ・
            ・
            ・
        ],
        [
            1.6773088561719112,
            -0.38262508871359874,
            -2.1765374018059775,
            ・
            ・
            ・
        ]
    ]

解析に掛かるポイントについて

解析に掛かるポイントは、
地層数 ×1ポイント
です。