解析に掛かるポイントは、荷重数×剛性マトリックスサイズによって決定されます。

解析結果データ
{
荷重番号: {
        "disg": {},
        "reac": {},
        "fsec": {},
        "matrix_size":剛性マトリックスサイズ,
        "dtime": 解析に掛かった時間
    },
        ・
        ・
        ・
    "dtime": 全荷重数 解析に掛かった合計時間,
    "username": ユーザー名,
    "old_points": ユーザーが解析前に保有していたポイント,
    "deduct_points": 解析に掛かったポイント,
    "new_points": ユーザーの解析後のポイント
}
剛性マトリックスサイズについて

剛性マトリックスのサイズは, 解析に用いた格点の数×12 であるが
入力データに
・notice_point – 着目点
・member_load – 要素荷重において L1, L2 の入力
があった場合、解析において要素を分割しているため格点の数が増えます。

解析に掛かるポイントの算出方法

解析に掛かるポイントは、
剛性マトリックスのサイズ ×10ポイント
です

解析結果データについて