荷重タイプ番号, 支点タイプ番号, バネタイプ番号, 材料タイプ番号, 結合タイプ番号, 節点荷重, 要素荷重 を入力します。

"load": {
 荷重番号: {
            "fix_node": 支点タイプ番号,
            "fix_member": バネタイプ番号,
            "element": 材料タイプ番号,
            "joint": 結合タイプ番号,
            "load_node": [
                節点荷重
            ],
            "load_member": [
                要素荷重
            ]
          }
        }
  • 支点タイプ番号とは、当該荷重に適用する支点データの識別番号です。
  • バネタイプ番号とは、当該荷重に適用するバネデータの識別番号です。
  • 材料タイプ番号とは、当該荷重に適用する材料データの識別番号です。
  • 結合タイプ番号とは、当該荷重に適用する結合データの識別番号です。
例)
    "load": {
        "1": {
            "fix_node": 1,
            "fix_member": 1,
            "element": 1,
            "joint": 1,
            "load_node": [
                {
                    "n": 3,
                    "tx": 205.19,
                    "ty": -41.66,
                    "tz": 0,
                    "rx": 0,
                    "ry": 0,
                    "rz": 0
                },
        ・
        ・
        ・
            ],
            "load_member": [
                {
                    "m": "1",
                    "direction": "y",
                    "mark": 2,
                    "L1": 0,
                    "L2": 0,
                    "P1": 568.75,
                    "P2": 568.75
                },
        ・
        ・
        ・
            ]
    }
節点荷重について

格点番号, 軸力, せん断力, ねじりモーメント, 曲げモーメント を入力します。

            "load_node": [
                {
                    "n": 格点番号,
                    "tx": x軸方向の力,
                    "ty": y軸方向の力,
                    "tz": z軸方向の力,
                    "rx": x軸回りの曲げモーメント,
                    "ry": y軸回りの曲げモーメント,
                    "rz": z軸回りの曲げモーメント
                },
        ・
        ・
        ・
            ],

節点荷重におけるx, y, zは全体座標系です。

要素荷重について

部材番号, 荷重方向, 荷重の種類, i端からの距離, j端からの距離, i端側の荷重強度, j端側の荷重強度 を入力します。

            "load_member": [
                {
                    "m": 部材番号,
                    "direction": 荷重方向,
                    "mark": 荷重の種類,
                    "L1": i端からの距離,
                    "L2": j端からの距離,
                    "P1": i端側の荷重強度,
                    "P2": j端側の荷重強度
                },
        ・
        ・
        ・
            ],
荷重の種類 mark
mark 形状
2
1
11
9
荷重の方向 direction

荷重の方向は、x, y, z, gx, gy, gz のいずれかを指定します。

x, y, zは要素座標系です。

要素荷重におけるgx, gy, gzは全体座標系です。

その他の入力データ