本プログラムは、
鉄道構造物等設計標準・同解説-基礎構造物―平成24年1月
に準拠した、杭基礎の地盤抵抗係数を算定するプログラムです。

杭基礎の地盤抵抗係数の算定をクラウドコンピューターで行うことにより、解析ソフトをインストールすることなく解析できます。指定の形式サーバーに入力データを送信すれば解析結果が得られます。以下にサンプルプログラムを用意していますので、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしてお使いください。

マーク プログラム言語 プログラム名 サンプルプログラムダウンロードURL
Excel SoilPileforExcel https://github.com/structuralengine/SoilPileforExcel

杭基礎の地盤抵抗係数

杭基礎の地盤抵抗係数とは次の図の係数で

鉄道構造物等設計標準・同解説-基礎構造物―平成24年1月
に掲載しています。

Resource URL

http://structuralengine.com/SoilStructure/api/values

Content-Type application/x-www-form-urlencoded
Service-Type “pile”

入力データ

{
    "username": ユーザー名,
    "password": パスワード,
    "pileType": 杭種,
    "datas": [
        {
            "caseId": ケース番号,
            "pt": 基準先端支持力比
        },
        ・
        ・
        ・
        {
            "caseId": ケース番号,
            "pt": 基準先端支持力比
        }
    ]
}

pileType – 杭種

  • 打込み杭
  • 中堀根固め
  • プレボーリング
  • 鋼管ソイルセメント
  • 回転鋼管杭
  • 場所打ち杭および深礎
  • 先端強化型場所打ち杭

caseId – ケース番号

  • 長期支持
  • 短期支持
  • 安定 地震時以外
  • 地震時_降伏 残留鉛直変位 レベル1
  • 地震時_終局 残留鉛直変位 レベル2

pt – 基準先端支持力比

pt = Rtk / Rk

Rtk:基準先端支持力
Rk:基準支持力

計算結果データ

{
    "username": ユーザー名,
    "counter": データ数n,
    "old_points": ユーザーが解析前に保有していたポイント,
    "deduct_points": 解析に掛かったポイント,
    "new_points": ユーザーの解析後のポイント,
    "outData": [
        支持力係数(1),
        ・
        ・
        ・
        支持力係数(n)
    ]
}
  • username – ユーザー名
  • counter – データ数
  • old_points – ユーザーが解析前に保有していたポイント
  • deduct_points – 解析に掛かったポイント
  • new_points – ユーザーの解析後のポイント
  • outData – 支持力係数

解析に掛かるポイントについて

解析に掛かるポイントは、
データ数 ×1ポイント
です。