Table of Content

断面力ピックアップファイル

断面力ピックアップファイルは、設計断面力と部材の情報について集計したテキストファイルです。

 

5 10 15 20 25 30 40 50 60 70 80 90 100
ファイル名
1 M 1 12 4 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
1 M 75 2 2 JTAN 0.68 0 0 -2114.71 0 0 -2022.81
1 S 1 4 9 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
1 S 75 11 2 JTAN 0.68 0 0 -502.6 0 0 -2022.81
1 N 1 4 10 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
1 N 75 9 1 JTAN 0.68 0 0 59.99 0 0 -2153.17
2 M 1 14 6 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
2 M 75 6 7 JTAN 0.68 0 0 -3849.84 0 0 -2950.75
2 S 1 6 9 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
2 S 75 16 6 JTAN 0.68 0 0 -2005.95 0 0 -3813.82
2 N 1 1 9 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
2 N 75 14 6 JTAN 0.68 0 0 428.98 0 0 -3905.42
3 M 1 2 1 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
3 M 75 1 9 JTAN 0.68 0 0 -1025.36 0 0 -864.28
3 S 1 2 9 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
3 S 75 1 9 JTAN 0.68 0 0 -1025.36 0 0 -864.28
3 N 1 1 1 ITAN 0 0 0 0 0 0 0
3 N 75 9 1 JTAN 0.68 0 0 -864.28 0 0 -1025.36

 

  • 1行目:ピックアップを作成した本プログラム「複数検討作業処理ツール」のデータ名称です。

 

 

 

  • 2行目以降

 

入力位置

(カラム)

名称 内容
1~5 ピックアップ番号 1~3

1:復旧性L1地震動の応答断面力

2:復旧性L2地震動の応答断面力

3:安全性L2地震動の応答断面力

6~10 着目断面力種別 M、S、N

M:曲げモーメントに着目した応答断面力

S:せん断力に着目した応答断面力

N:軸方向力に着目した応答断面力

11~15 要素番号 全要素番号出力されます。
16~20 最大値の

採用ケース番号

最大断面力の抽出解析ケース番号で、

「2.2JRSNAP解析ケースの設定の(1)」のデータ番号を示す

21~25 最小値の

採用ケース番号

最小断面力の抽出解析ケース番号で、

「2.2JRSNAP解析ケースの設定の(1)」のデータ番号を示す

26~30 着目位置名称 I-TAN、J-TAN

断面力の着目位置名称

31~40 着目位置距離 断面力の着目位置距離
41~70 最大値 最大の断面力
41~50 曲げモーメント
51~60 せん断力
61~70 軸方向力
71~100 最小値 最小の断面力
71~80 曲げモーメント
81~90 せん断力
91~100 軸方向力

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です