U字擁壁の底板を設計する方法

Table of Content

はじめに

今回は「U字擁壁の底板」のみに着目して、部材データの入力から照査結果を印刷するまでの流れをまとめる。

対象は以下の断面とする。(要差替)

1.基本データを入力する

Pickupデータを読み込み、設計断面力と部材情報を読み込む。

2.部材断面情報を入力する

照査する断面の情報に基づいて、下記のように入力する。

3.算出点の該当部分に入力する

算出点の該当部分(今回は底板のみ)に、算出点名などの情報を入力する。

4.鉄筋配置の該当部分に入力する

鉄筋配置の該当部分(今回は底板のみ)に、算出点名などの情報を入力する。上記の図の場合は、下記のように入力することになる。

5.計算・印刷画面で計算し、印刷する。

下記のように出力したい項目に絞り、計算印刷ボタンをクリック。

そうすると、PDFになって照査結果が出力される。

Printボタンをクリックすると、PDF形式で印刷可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です